プロフィール

みなさま、はじめまして。
東京在住のRoseと申します。

私は赤ちゃんの頃から、お肌が弱く、皮膚科に通ったり、母が昔から知り合いの薬局に、いつも連れて行かれました。常連になっていた証拠に、なぜか薬局で何枚かお写真を撮ってもらっていたようです(笑)

赤ちゃんっていうと、普通はツルっと、サラッとしたお肌のイメージですが、私は子供の頃から敏感肌だったようで、毛糸の洋服などはすぐにかゆくなって赤くなってかぶれてしまったり、生地の種類によってはすぐに反応が出てしまいます。

小学生頃からは、くしゃみが出たら止まらなくなる、アレルギー性鼻炎になりました。香料の強い石鹸や、香水などもダメで、近くに香料の強い香水などをした方がいると、即座に反応してくしゃみが出てしまいます。

お年頃になって、アクセサリーをする頃には、金属アレルギーも発覚。

就職した後は、原因不明の手荒れに悩みました。とにかく、痒くて痒くて・・・眠れないほど痒かったです。

冬場には、手も腫れて、皮膚も切れて(お餅が焼けた時に裂けるような切れ方)、痒いのと、痛いのとで、どうしょうもなくて、皮膚科や内科にも行きました。

内服薬や、外用薬・注射など、治療もしましたが、効果はありませんでした。

とにかく、アレルギー体質なのです。

きっと、自分でもわかっていないアレルギーが、まだまだあるんじゃないかと思いますが「じゃあ、今はどうなの?」というと・・・今は、あることを境にして何ごとも無かったかのように綺麗になっています。

ここから先は、他の方には該当しないかもしれませんが、あくまでも私の一例ですが、私が肌荒れと格闘していた頃、同じようにアレルギーに悩んでいる子がいて「自分で作った石鹸を使ってから調子いいみたい」って言うんです。

それまで、石鹸を自分で作るという観念が私には無くて、好奇心が人一倍強い私は、すぐにネットで検索してみました。

手作り石鹸の作り方がたくさんサイトにアップされていて、楽しそうだったので、すぐに道具を揃えて取り掛かりました。
手作り石鹸には何通りかの作り方があり、私はちょっとばかり危険を伴う方の苛性ソーダを使う方法の石鹸作りだったので、何回か危険なハプニングを経験しております。

ですので、もしもこれから「私も、石鹸作りしてみたい!」と思われていらっしゃる方は、私としては、危険ではない安全な石鹸作りの方をおススメしたいと思います。

話が横道に反れましたが、私の肌荒れが治った決定的なものがどれなのかということは、はっきりとはわかりませんが、市販の石鹸を手作りに変えた・・・これが大きかったように思います。

それからというもの、市販のものを使うことに対して考えるようになりました。

何も考えずに、ただ可愛いから、ただ綺麗だから、ただ安いからとか、そういう理由だけで使い続けていると、怖いなと感じました。可愛くてもいいんです。

綺麗でもいいんです。安くてもいいんです。影響がなければ!
大切な自分の美容と健康には、こだわりを持ちたいなと感じました。

このサイトは、そのまんまサイト名のとおり”美容と健康”を目指して公開をしていきたいと考えております。

女性にとって美容と健康は切り離せないものだと思うのです。

体が疲れ切っていたら、表情にも表れてしまいますよね?健康で元気ならば、お肌も輝きます。

毎日を健康で、美しく、可愛く過ごせたらいいなと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。          Rose