健康

フケが気になるときに試すべきこと!誰でもできるフケの対処法とは?

Roseです。
当サイトにアクセスいただきましてありがとうございます。

フケが多く出ると、気になってしまいますよね。

特に、黒い服を着たときなんかは「フケが服に落ちてないか」と常に不安になるかと思います。

また、列に並んだときなどにも「後ろの人にフケがばれてない?」と心配になりますよね。

そこで、今現在フケが気になるのであれば「フケの対処法」を実行してみるべきでしょう。

今回は、そんなフケの対処法をご紹介していきたいと思います。

まずは「乾性フケ」か「脂性フケ」かを見極める

フケには2種類ありますが、1つが「乾性フケ」で、もう1つが「脂性フケ」です。

「乾性フケ」「脂性フケ」は、それぞれ対処法が異なってきます。
従って、まずは「自分は乾性フケなのか、脂性フケなのか」を見極めることが大切です。

♠乾性フケってどんなフケ?

乾性フケは、細かい粉雪のようなフケです。

パラパラと落ちてくるのも特徴的で、主に乾燥が原因で乾性フケは発生します。

♠脂性フケってどんなフケ?

脂性フケは、少し大きめのフケになります。

ヒラヒラと落ちてくるのが特徴的です。

また、フケ自体が脂っぽいことも、特徴的だと言えるでしょう。

シャンプーの流し忘れなどが脂性フケを発生させます。

乾性フケが気になるときに試すべきこと

ここからは、乾性フケが気になるときに試すべきことを紹介してゆきます。

乾性フケの主な原因は乾燥です。

そのため、乾燥対策をすると乾性フケは出にくくなりますよ。


洗浄力の弱いシャンプーに変える

洗浄力が強いシャンプーは、頭皮の乾燥につながります。

そして、頭皮が乾燥した結果、フケが出ることがあります。

洗浄力の弱いシャンプーに変えることで、フケが改善されることがありますよ。

特に、「頭皮が痒い」などの症状がある場合は、シャンプーが強すぎる可能性があります。

この場合は、すぐにでも洗浄力の弱いシャンプーに変えたいですね。

ちなみに、「ベビーシャンプーを使ったらフケが改善された」という声も聞かれます。

♠洗髪時の水温を下げてみる

顔を洗う際、水温が高いと乾燥してしまいます。

よく、「顔を洗うときは、30℃台の水温が好ましい」と言われますが、それと同じで洗髪時の水温が高いと、頭皮が乾燥してしまうかもしれません。

だいたい、「40℃以上の水温で洗髪すると頭皮は乾燥しやすい」と考えてください。

つまり、40℃以上の水温で洗髪をしているのなら、改善の余地があるということですのでぜひ、30℃台の水温で洗髪をしてみてください。

もしかしたら、フケが改善されるかもしれませんよ。

脂性フケが気になるときに試すべきこと


ここからは、脂性フケが気になるときに試すべきことをご紹介いたします。

たとえ、フケで悩んでいるとしても、冷静に対処するようにしてくださいね。


♠丁寧にシャンプーのすすぎをする

洗髪時のシャンプーが残ってしまうと、それがフケの原因になることがあります。

脂性フケが気になる場合は、丁寧にすすいでシャンプーを流し切るようにしてください。
(だいたい、3分くらいを目安にすすぐと、シャンプーは流し切れますよ。)

もちろん、トリートメントなどを使った際も、それを流し切るようにしてください。

ちなみに、シャンプーなどをすすぐ際は、手に力を入れすぎないでくださいね。

手に力を入れすぎると、頭皮が傷ついて、やはりフケの原因になるかもしれません。

♠食生活を見直す

油っこいものを多く食べている場合、フケの原因になることがあります。

油っこい食べ物って、ニキビの原因などにもなりますよね。

それと同じように、油っこい食べ物が、フケの原因になることもあるのです。

自分の食生活を、思い返してみてください!

もし、「油っこい食べ物を多く食べている」という実感があるのなら改善してみましょう。

また、飲酒がフケの原因になることもあるので注意が必要です。

♠湯シャンってフケに効くの?

例えば、「洗浄力の強いシャンプー」が原因で、フケが出ているとしましょう。

この場合、湯シャンをすることで、フケが出にくくなるかもしれません。

洗浄力の強いシャンプーは、頭皮を乾燥させます。

そのため、先述したように洗浄力の弱いシャンプーに変えるべきでしょう。

しかし、シャンプー自体を使わなければ、より頭皮は乾燥しにくくなるわけですから、洗浄力の弱いシャンプーを使うより、湯シャンをしたほうが、フケは改善されるかもしれないということなのです。

このように、フケの原因がシャンプーにある場合、湯シャンがフケに効くことがあります。

もし、湯シャンに抵抗がないのなら、試してみてもいいでしょう。

♠それでも気になる場合は皮膚科へ

フケは皮膚科で診てもらうことができます。

当記事で紹介したことを試してもフケが改善しない場合、迷わず皮膚科へ行ってみてください。

言うまでもなく、皮膚科の医師は、「フケ治療に精通している人」です。

そのため、あなたのフケに対して、的確な治療やアドバイスをしてくれます。

フケで皮膚科に行くというのは、気持ち的にちょっとばかり敷居は高いかもしれませんが、思い切って行くことが大切なのです。

今現在、フケに悩んでいらっしゃるのであれば、悩みの原因となっているフケさえ改善されれば、今よりももっともっと前向きになれるかもしれませんよ。