脱毛・ヘアー

お顔のうぶ毛・・・どうしてる?

Roseです。
当サイトにアクセスいただきましてありがとうございます。

普段、お顔のうぶ毛をあまり気にされていない方もいらっしゃるかもしれませんが、お顔って見える場所であり一番見られる場所なので、とても気になりますよね?

ご近所に住んでいる女性の方で、わざわざ地元の理髪店にお顔のうぶ毛処理だけのためにお手入れをしに行くという方がいらっしゃるのですが、まるでエステに通っているのかと思うほど、いつ見てもお肌がツヤツヤでキレイなんです。

それほど、うぶ毛のお手入れというのは見ばえにしても、かなり影響力があります。

うぶ毛のお手入れをしないでいると、お顔の雰囲気が全体的にドンヨリして見えてしまい、お肌がうす暗くくすんだ印象になります。

『うぶ毛』と言うと、まるで赤ちゃんのうぶ毛のようで、なんだかとてもカワイイ感じがしますが、たかがうぶ毛、されどうぶ毛なのです。

ですからココは手を抜かずに、しっかりと気合を入れてお手入れをするようにしましょう。

とは言え”お手入れをしましょう”と言われても、肝心なお手入れの方法がわからないし「セルフ脱毛ケアってどうすればいいの?」って思いますよね。

ここでは”お顔のうぶ毛”セルフ脱毛の処理方法を、お顔のパーツごとにご紹介していきたいと思います。

お顔のうぶ毛シェービングによる美顔効果

♠お顔のお手入れをするとどんな効果があるのでしょうか?

ニキビなどの予防。
お化粧のノリが一段とUPする。
お顔の印象が明るくなる。
古い角質を除去できる。

このように、お顔のうぶ毛をお手入れするだけでお肌の印象も変わりますし、美顔効果があるのです。

お顔のうぶ毛を正しくお手入れするアイテムと方法

♠うぶ毛処理のための準備アイテム

お顔のうぶ毛を剃る前にやる事と言えば、まずはうぶ毛を剃るために必要なアイテムを準備します。

♦刺激のない化粧水

♦刺激のない乳液/保湿クリーム

♦I字型のカミソリ(持ちやすいもの)

♦シェービングクリームとフワフワなハケ
(チーク用ブラシなどでもOKです!)

♦どこにでも売っているラップ

♦蒸しタオル(ぬらしてから電子レンジでチンしても良い)


このように、お手入れをするためのアイテムをそろえてしまえば、流れ良くお顔のうぶ毛の処理をこなすことができます。

ただ、ここで注意してほしいのは使い古したカミソリなどでお手入れをしてしまうと、自分の大切なお肌を傷つけてしまうというトラブルが起こってしまうことがあるため、細心の注意を払ってください。

できるだけ新しいものを使いましょう。

それと、刺激の強い乳液・保湿クリームや化粧水などを使うとカミソリの刃で弱くなったお肌の角質が刺激で赤くなってしまうことがあります。

♠基本となるシェービング方法


お顔のうぶ毛処理時の準備ですが、お顔付近に自分の髪が邪魔にならないようにヘアーターバン・ヘアーバンド・ヘアゴム・ヘアピンなどで、しっかりと固定しておきましょう。

~さて髪をまとめ、準備は整いました!~

しかし、このままお肌に対し何もケアをしないままカミソリを立ててしまうと、お肌はとってもデリケートですから大切なお肌を傷つけてしまう危険性があります。

メイクをされている場合にはクレンジングで、しっかりとメイク落としてあげましょう。

♦カミソリの持ち方と剃り方

ご自分が持ちやすいと思う持ち方でかまわないのですが、大まかなイメージとしては、ペンや鉛筆などを持つイメージで軽く持ち、うぶ毛の生えている方向とは反対方向に剃っていきます。

お肌に対してカミソリの刃が垂直だと、お肌を傷つけてしまう可能性がありますので、お肌とカミソリの刃が必ず平行になるように、お肌を優しくいたわりながら剃っていきます。

♠おでこのシェービング方法

おでこは、人それぞれ形も広さも違いますし、うぶ毛の量も十人十色です。

前髪で隠れている場合などは、あまり目立つことはありませんが前髪を上げた時などにはうぶ毛を剃って、お手入れをしているのとしていないのでは、お顔の明るさが違いますし、洗練されたあか(けした雰囲気となります。

まずは準備ですが、基本のシェービングでの準備と同様にヘアーターバンなどで、お顔に髪がかからないようにしっかりと固定してください。

事前に用意しておいたシェービングクリームで、おでこ全体にクリームを塗っていきます。

髪の生え際から、おでこの中心に向かってカミソリで、ゆっくりと剃っていきます。

♦ポイントとしては・・・

ナチュラルな印象に仕上げるには、生え際から1cmほど開けて剃り始めます。

注意点としては、あまり剃り過ぎてしまうと前髪が立ち上がってしまったり、お顔の印象が変わってしまいますので注意が必要です!

あらかじめ蒸しタオルを用意しておき、座った姿勢のままお顔を上に向けてもいいですし、蒸しタオルをお顔の上に広げて数秒ほど温め、心地いいくらいにお肌をやわらかくしてうぶ毛を剃りやすくしましょう。

眉間のうぶ毛のシェービング方法

眉と眉の間隔の取り方で若く見えたり、しっかりした芯のある印象に見えたりするほど印象が変わることから、眉間はとても大事なカ所とも言えます。

眉の間を離すと、幼い感じになることから若く見せたいという方は、眉間のうぶ毛処理を怠らずにしっかりとお手入れをいたしましょう。

眉間のシェービングは、おでこと同様にシェービングクリームを塗った後にうぶ毛の流れに合わせ、カミソリで丁寧に剃っていきます。

両眉頭の部分を、カミソリを持っていない方の手で軽くおさえながら、眉間の皮膚を引っ張ってあげると剃りやすいでしょう。

♠鼻のうぶ毛のシェービング方法

鼻は顔の中心にあり、また”凹凸のあるパーツ”であることから、お顔の中でも比較的剃りにくい部位ですので、注意を払って丁寧に処理をしなければなりません。

丁寧に処理をしてあげれば、鼻周りのメイクのノリも一段とアップすることでしょう。

手順としては、鼻全体にまずはシェービングクリームを塗っていきます。

カミソリは、普段利用しているものよりも、小さめのカミソリが使いやすいのではないかと思いますので、ご自分の手に持ちやすいと思われるものを使いましょう。

鼻を傷つけないようにカミソリの角度を上手に工夫しながら、ゆっくりと処理していきましょう。

口周り(あご・鼻の下)のうぶ毛のシェービング方法

他のパーツに比べると、口周りのうぶ毛は比較的濃いことが多いため、週に1回くらい周期的に目安を決めて、こまめに処理をするようにしましょう。

人によってはうぶ毛が濃い方ですと、女性なのにもかかわらず、まるで男性のようにひげが生えているように見えてしまい、周囲からカールおじさんやら泥棒くんなどと笑われて、からかわれてしまう原因にもなりかねません(笑)

しかし、いくらこまめにとは言っても、過度にうぶ毛の処理し過ぎてしまうと、ありがたくない肌荒れを引き起こし思わぬ肌トラブルになりかねませんので、うぶ毛の処理後のアフターケアは十分に行ってください。


手順としては、シェービングクリームを塗ってから、カミソリで上から下に向かってうぶ毛を丁寧に処理していきましょう。

♦アフターケアには・・・

保湿クリームや化粧水・乳液などでケアするのも良いでしょう。

頬のシェービング方法

頬のうぶ毛は比較的薄いため、あまりお手入れをされていない方も多いようですが、目立たないだけで実は頬のうぶ毛をほんの少し処理してあげるだけで、お顔全体の印象がかなり明るくなるため、頬のうぶ毛をあなどらないで、きちんと処理することをオススメいたします。

とはいえ、頬はとてもデリケートで乾燥しやすいパーツですので、処理をした後のアフターケアはしっかりと行うようにいたしましょう。

手順としては、頬全体にシェービングクリームを塗っていき、小鼻の横から外側方向にカミソリでうぶ毛を丁寧に処理していきます。

カミソリを持っていない方の手で、頬を傷つけないように気を配りながら、ご自分が剃りやすいと思う程度の力加減で耳の辺りに皮膚を引っ張りながら剃ると処理しやすいでしょう。

もみあげのシェービング方法

もみあげの生え方にも人それぞれいろいろな生え方があって、もみあげの印象ひとつで、お顔の印象がガラッと変わることがあるくらい大事なパーツでもあります。

キレイに形を整えたり、わざわざペンシルなどで書き足して形を作っている方もいらっしゃいますよね?(芸能人などは、よくやっていると思いますが。)

男性でもおしゃれな方は、もみあげがキレイに整えられていますよね。

うぶ毛処理をすると正面だけではなく横顔も、とても清潔感があってスッキリしたシャープな印象に見えるという素晴らしい効果があると言われています。

もみあげ処理の手順としては、まずは髪が邪魔にならないように、ヘアゴム等で後ろで束ねたらコームなどを使って、もみあげの毛の流れを整えます。

ひとつのポイントとしては、剃り始める前にアイブロウなどを使って、ご自分の理想のもみあげの長さに目印をしておくと良いでしょう。

もみあげにシェービングクリームを塗り、もみあげ処理をしていきます。

もみあげの量が多い、または濃い場合には、コーム等で整えながらハサミで軽くカットしてあげると引っかかりにくくなるので、剃りやすくなります。

♦印象の作り方としては

上品な印象を作り出したい時には、もみあげの長さを耳たぶくらいの長さにすると、上品な印象になるかと思います。

ロングヘアー・ミディアムヘアーなどで、日常的に髪をアップにすることが多い方などはスッキリした印象に見せるために、もみあげを全部剃ってしまう方もいらっしゃいます。

フェイスラインのシェービング方法

フェイスラインは、ご自分では思いの外、案外見えづらい部分なのです。

ので、うぶ毛の”剃り残し”が多くなってしまうパーツでもあります。

では、どうすれば剃り残しを作らないか?

というと、うぶ毛処理をするときには明るい場所でうぶ毛を確認し、首を傾けながら剃っていくことで正面からは見えにくいうぶ毛の剃り残しを防ぐことができると思いますので、鏡でよく見ながらうぶ毛処理をしていきましょう。

皮膚がたるむと、剃りにくくなったりしますので反対の手で、お肌をピンと引っ張ってあげながら剃ると、処理しやすくなるでしょう。

セルフでお顔のうぶ毛を剃る際の注意点!

セルフ脱毛処理に慣れていない方が、お顔のうぶ毛を処理しようとすると、思わぬお肌トラブルになってしまう危険性があるかもしれません!

ここでは注意しなくてはならないと思われる点を、いくつかご紹介したいと思います。

①バスルームで剃る場合
バスルームでムダ毛の処理やうぶ毛の処理をしている方も多いのではないかと思いますが、バスルームはお部屋の照明と比べて暗い傾向がありますし、湯気が立っていたりすると特に見えづらいですから、お顔のうぶ毛をしっかりと処理するには難しいのではないでしょうか?

また、バスルームなどの湿気が多い場所などでカミソリを保存しているとカミソリの刃がさびつき、お肌を傷つけしまったり、湿気などで雑菌が繁殖しやすくなるため衛生面においても非常に注意が必要です!

わたくしごとですが、お顔ではありませんが、バスルームでヒザ周辺を切ってしまったことがあり、今でもその時の傷が残っています。

②生理中や妊娠中に剃る場合
生理中や妊娠中というのは普段のお肌の状態に比べてると通常の体調とは違い、ホルモンバランスが崩れているため、肌荒れなどを引き起こしやい状態になっていますのでできるだけカミソリを使用しない方が良いと思われます。

また、生理中や妊娠中ではないにしても免疫力が低くなっている時や、肌荒れを引き起こしている時、体調が優れない際にはうぶ毛の処理は避けておきましょう。

お顔の皮膚は他のパーツよりも極力とても薄いと言われております。

そのためにもしっかりとシェービングクリームを塗った上で丁寧に剃っていきましょう。

シェービング後にも保湿クリームまたは化粧水などで、しっかりとアフターケアを(おこた)ることなく、お肌トラブルにならないよう心がけることがとても大切なのです。

③フェイシャルウォッシュ(洗顔料)やボディソープを代用する場合
もしも、今現在シェービングクリームが手元にない時などにはフェイシャルウォッシュやボディーソープで代用する方もいらっしゃるそうですが、それらのアイテムは、本来ムダ毛の処理をメインとするためのアイテムではありません。

長時間、お顔に付着させたままにしていると、お肌トラブルの原因になってしまうこともありますので、気をつけてください。

お肌トラブルにならないためにも、ちゃんとうぶ毛を剃るための専用のシェービングクリームを使用するようにいたしましょう。

④毎日剃る
毎日のようにカミソリなどでうぶ毛処理をしていると、お肌にダメージを受けてしまう可能性があります。

なぜなら、お肌にとって必要な角質が、剥がれ落ちてしまいますし、お肌表皮のバリア機能が失われてしまうといったことも可能性として考えられます。

ですので個人差はありますが、ムダ毛処理をする頻度は口周りは別として2~3週間に1度くらいの間隔が良いかと思います。

まとめ


大切なお肌を守り傷つけないためには、事前にシェービングに必要なものをそろえ、ひととおり準備をした上で時間と心に余裕のある時に、順序良く落ち着いてお手入れをしましょう。

慌ただしく時間がない時や、気持ちが落ち着いていない時などにカミソリの刃を立ててしまうと、うっかり力が入り過ぎてしまったり、間違って剃り過ぎてしまったりなどの大失敗をしてしまうことがあります。

例えば、もみあげや、おでこなど生え際のパーツが削れ過ぎてしまったら、泣いてもあとの祭り状態になってしまいますからね。

と言うのも私自身が、おでこの生え際部分を時間に焦りながらも、出かける前に処理してしまったために、うっかり剃り過ぎてしまって、大失敗したという苦い経験があります。

剃り落してしまってからでは間に合いません!

お手入れする時には必ず、お時間に余裕のある時にいたしましょう。